こんにちは!

メンズ脱毛評判舎のコウタです!

 

VIOラインの陰毛を脱毛しようかと検討中でしょうか?

最近は男性でも陰毛を手入れしたり脱毛するのが当たり前になってますよね。

 

海外では80%以上の男性が陰毛を剃るなどの手入れしているとか。

それが日本にも浸透してきているのですね。

 

たしかに女性といざという状況になったときに、陰毛が毛深くボーボーだと不潔に思われてしまうかもしれません。

 

いや、間違いなく思われるでしょう!

 

・でも陰毛って脱毛しても大丈夫なの?

・何か役割があるから生えてるんじゃないの?

 

などなど、陰毛を脱毛を行うことによる不安や疑問もあるかと思います。

 

そこで当記事では、陰毛脱毛をするメリットとデメリットに加えて、脱毛にかかる料金や陰毛の役割などについてご紹介していきましょう。

 

この記事を最後まで読めばもう「毛深いので彼女に嫌われたりしないかなぁ」なんて不安から解消されるでしょう。

■陰毛脱毛のメリット・デメリット

結論から言って、陰毛を脱毛すると見た目的・衛生面的に清潔感を保ちやすくなります。

 

陰毛は人間が進化する過程で昔の名残として残った体毛なので、現代社会の人類にとってはさほど必要がありません。

 

進化の過程で陰毛が残った理由は諸説ありますが、生殖機能が成熟した証という研究者や、性行為を行うときに摩擦を緩和する役割があるなど様々な意見があります。

 

一方、フェロモンを効果的に広げるために生えていると言う意見もあり、陰毛やわき毛をなくしてしまうと、異性からモテなくなると言う見解もあるようです。

 

ただいずれにおいても、陰毛が日常生活で必要がないのは間違いないでしょう。

 

リスクとして考えられるのは、陰毛をカミソリやブラジリアンワックスなどのセルフ脱毛で除毛した場合です。

 

陰毛が生えているデリケートゾーンは、もともと敏感で神経や毛細血管が密集している部位でもあります。

 

そのため剃ったり切ったりするときに男性器や睾丸周辺を傷つけてしまい、予想外のトラブルに発展する場合があるのです。

 

目に見えない範囲で肌が傷ついていたり、陰毛を剃ったあとに強い痒みが発生したりなど、デリケートゾーンの毛を自己処理する弊害は少なくありません。

 

もし陰毛きれいに整えたいと思っているのであれば、メンズサロンや脱毛クリニックで専門知識を持った人のサポートを受けながら行うのがベストでしょう。

陰毛脱毛のメリット

衛生面的に良くなる

清潔感が出る

陰部の臭いが軽減できる

カミソリなどによる肌荒れの心配がない

 

陰毛脱毛のデメリット

セルフ脱毛は肌荒れを起こす

一時的な肌荒れやかゆみが発生する

費用がかかる

■メンズ脱毛で陰毛脱毛する費用・料金は?

メンズ脱毛サロンやクリニックで陰毛脱毛する場合は相応の費用が発生します。

 

金額は脱毛を受ける施設によって異なりますが、大手脱毛サロンやメンズクリニックの陰毛脱毛料金の目安は以下の通りです。

 

★表

 

ビキニだけであれば、平均して50,000円から70,000円程度で永久脱毛を受けることができます。

 

脱毛の部位としては、陰部の毛はビキニラインあるいは男性器として分類されています。一般的にVIOライン(ハイジーナ)と呼ばれている部位です。

 

陰毛は男性脱毛の中でも人気が高い部位なので、ビキニ・肛門周辺・男性器と陰部全体を対象にした、お得な脱毛プランが用意されている脱毛クリニックや脱毛サロンも少なくありません。

 

ただ、陰部の家がツルツルになってしまうのは男性としてどうなんだろう…。と不安に感じる人も少なからずいると思います。

 

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛では、完全ツルツルにもできますが、自然な範囲で陰毛を薄くすることもできるので、希望に合わせてスタッフに相談してみるといいでしょう。

■陰毛脱毛を除毛・脱毛する方法3つ

一言に陰毛脱毛したいといっても、自宅でカミソリやブラジリアンワックスを使って除毛したい人や、メンズ脱毛クリニックやサロンに通って本格的に永久脱毛したい人などさまざまな男性がいると思います。

 

サロンやクリニックに行きたいけど、費用が高そうだから家庭用脱毛器とかを使って、自宅で処理しようと思っていると言う人もいるでしょう。

 

これは一時的に陰毛を処理したいだけなのか、半永久的に生えてこないようにしたいのかによっても、適した処理方法が異なってきます。

 

予算の都合や目的に応じて、最適な脱毛方法を選びたいですよね。

 

そこで、ここからは陰毛脱毛したいと言う人の目的に応じて、どの方法を選ぶべきなのかについて紹介していきましょう。

セルフ脱毛

カミソリやブラジリアンワックスなど、自宅で行える除毛・脱毛の総称です。

家庭用脱毛器による除毛もセルフ脱毛に含まれます。

 

他の方法よりもお金は安く済む分、肌を傷つけたり、脱毛したあとに炎症が発生してしまうなどのトラブルが起こりやすいと言うリスクも。

 

一時的に陰毛を処理したいと言う人や、永久脱毛を受けるのにどうしても抵抗があると言う人は、セルフ脱毛による除毛が適しているでしょう。

メリット

お金がかからない

自宅で除毛できる

恥ずかしい思いをしなくて良い

通院する必要がない

デメリット

肌を傷つける

痒みや炎症を起こす可能性が高い

トラブル発生時のサポートがない

すぐに生えてくる

メンズ脱毛サロン

フラッシュ脱毛による除毛・減毛を行うのが脱毛サロンです。

 

エステは医療施設ではないため、医療用レーザーによる永久脱毛はできませんが、セルフ脱毛より高い除毛・減毛効果が期待できます。

 

メリット

高い減毛・除毛効果が期待できる

スキンケアなどトータルサポートが受けられる

専門家にカウンセリングしてもらえる

長期間自己処理する必要がなくなる

 

デメリット

永久脱毛はできない

定期的に受けないという再生する可能性が高い

脱毛費用が発生する

定期的に通う必要がある

効果が目に見えるまで時間がかかる

 

メンズ脱毛クリニック

医療レーザーを使った脱毛技術です。

陰毛を永久脱毛できる唯一の方法となります。

 

クリニックで行うレーザー脱毛や蓄熱式脱毛による永久脱毛は、陰毛の毛根細胞が再生しないように毛根細胞や発毛因子を攻撃するため、一度施術が完了すると再度毛が生えてくる可能性は極端に低いです。

 

脱毛エステのフラッシュ脱毛は、毛根細胞が再生する範囲での施術を前提としているため、定期的に通わないと陰毛が以前と同じように再生する可能性が高くなります。

 

長期的目線で半永久的に陰毛を脱毛したいのであれば、脱毛クリニックによる永久脱毛を受けるべきでしょう。

メリット

永久脱毛ができる

脱毛効果持続効果が高い

医師による管理サポートが受けられる

トラブル発生寺も医師による医療行為が受けられる

処方箋やカウンセリング等が原則無料で受けられる

 

デメリット

脱毛エステより痛みが強い

男性向けクリニックの数がエステサロンより少ない

 

>>ゴリラクリニック詳細ページへ

>>メンズリゼクリニック詳細ページへ

■陰毛を剃ったり切ったりするリスク

冒頭でも触れましたが、陰毛がなくなることによるリスクはほとんどありません。

 

フェロモンの分泌がうまくいかなくなるなど、科学的な面ではデメリットがあると言われていますが、生活面や社会生活で問題になることはないでしょう。

 

むしろコンプレックスが解消され、衛生面的にも清潔感を出しやすくなるので、どちらかと言えば脱毛するメリットの方が多いといえます。

 

ただカミソリやハサミなどで手入れを行う場合は、男性器や睾丸などを切り付けて傷を作ってしまう人も多いので、その点は注意してくださいね。

 

メンズ脱毛舎トップに戻る