メンズ脱毛評判舎のコウタです!

ヒゲ脱毛は痛いと言われてメンズ脱毛サロンやメンズ脱毛クリニックに行くのを迷ってはいませんか?

 

あちこちで脱毛は痛い痛いとよく言われているので、これからヒゲなどを脱毛したいと考える男性にとっては、恐怖を感じてしまいよね。

ここでは実際ヒゲ脱毛は痛いのか、またどれぐらい痛いのか、痛みを軽減する方法はないのかなどについて詳しくご紹介しましょう。

大阪でヒゲ脱毛を受けたい人はこちらの記事を参考に!
大阪でひげ(髭)脱毛・全身脱毛ができるメンズ脱毛サロン・脱毛クリニック料金比較

■男のヒゲ脱毛は痛い

結論から言って痛いです。

人が本来持っている発毛機能を医療技術によって破壊するのですから、痛みのないほうが不思議なくらいでしょう。

 

痛みがないことをキャッチコピーにしているメンズ脱毛クリニックやメンズ脱毛サロンも存在しますが、痛みがないと言うことはウソかよほど威力が弱く設定されているかのどちらかの確率が高くなります。

 

脱毛する部位の毛が太くて黒いほど、レーザーが発する熱も強くなり比例して痛みも大きくなるのが基本です。

様々な脱毛方法の中で最も痛みが少ないと言われるのはメンズ脱毛サロンなどで実施しているフラッシュ脱毛になります。

 

フラッシュ脱毛は痛みが少ない分威力も弱いので、医療レーザー脱毛と比べると毛が再生する可能性も高くなってしまうのが難点です。

最近はレーザー脱毛やフラッシュ脱毛以外にも、【蓄熱式脱毛】という痛みを最小限に抑え、なおかつ脱毛効果が期待できる技術も生まれてきています。

 

まだ様子見段階と言えばそうなんですが、技術の発展によってヒゲの脱毛の痛みはどんどん少なくなり、より高い効果が得られるようになっていくでしょう。

ちなみに蓄熱式脱毛も最新のレーザー脱毛として分類されます。

 

なお脱毛で特に痛いと言われる部位は VIOライン・わき・鼻下のひげなどです。

皮膚が薄く神経が集中している部位は、脱毛時の痛みも強く 感じる傾向があります。

■ヒゲ脱毛の痛みは麻酔で軽減できる

いずれにしてもヒゲ脱毛の痛みが不安と言う事実は変わりませんよね。

メンズ脱毛では、フラッシュ脱毛よりもレーザー脱毛の方が効果や威力が高い分、痛みも強いと言われています。

 

痛みに耐えられずレーザー脱毛から、フラッシュ脱毛に移動してしまう人も多い。

しかしフラッシュ脱毛では毛根細胞を破壊しきることができないので、最終的には毛根が元通り生え揃ってしまう可能性も高くなってしまうのです。

脱毛の痛みには個人差がある

ヒゲの脱毛には痛みを伴いますが、その度合いは個人差があります。

麻酔無しでも耐えられると言う人もいれば、麻酔がなければ耐えられないと言う人もいます。

 

個人的には、よほど痛みに弱い人でなければどうしても耐えられないと言うほどではありません。せいぜい脂汗が出る程度です。

自分では痛みに弱いと思っていても、ヒゲ脱毛を受けた際に麻酔をしなくても意外と耐えられたと言う意見も少なくありません。

■ヒゲ脱毛で麻酔が使えるメンズ脱毛サロン・クリニック

それでもやっぱり不安だから、麻酔や痛みに対する対策を用意しているメンズ脱毛クリニックやメンズ脱毛サロンで施術を受けたいと考える男性も多いと思います。

基本的にはどのサロンやクリニックでも用意されていますが、以下のメンズ脱毛クリニックは特に技術力や実績で注目を集めているので、より幅広い対応が期待できるでしょう。

 

ゴリラクリニック

メンズリゼクリニック

湘南美容外科クリニック

 

メンズ脱毛で使用される麻酔には大きく分けて3つの種類があります。

ガスタイプの麻酔である笑気麻酔

塗るタイプの麻酔クリーム

一般的に使用される局所麻酔注射

 

何も脱毛料金とは別途費用が発生するので、ひとまず麻酔なしで脱毛を受けてみて耐えられないようであれば、随時医師に相談してみると良いでしょう。

 

麻酔はあとからでも使うことができるので、最初からプランに含んでおく必要はありません。

ちなみに麻酔をすれば一切痛みを感じなくなるのかと言えばそういうわけでもなく・・・・

どちらかと言えば、頭がぼーっとして痛み自体どーでもよくなる感じに近いです

 

もちろん感じる痛み自体は軽減されるので、脱毛を受けやすくはなります。

なおメンズ脱毛で全身麻酔が使用されることは、ほぼほぼないのでご安心ください。

■ヒゲ脱毛はどれぐらい痛いのか?

正直なところ痛みを文章や言葉で他人に伝えると言うのは、実質不可能に近いと思います。

ヒゲ脱毛の対象となる鼻下などは、痛みをより敏感に感じやすい部位と言われています。

 

メンズ脱毛を実際に受けた人が使う例えとしては、輪ゴムで軽く弾かれている程度という表現が多いです。

 

ただこれも個人差が大きく、それ以上に痛かったと言う意見もあるので、最終的にはご自身で受けてみるまでは実感しづらい部分でもあると思います。

この場でお伝えできるのは、ヒゲ脱毛が無痛ではまずないと言うことです。

 

クリニックの医師等もはっきりと教えてくれますが、ヒゲ脱毛やすね毛脱毛などレーザーを使った脱毛手法は基本的に痛みを伴います。

 

大なり小なり痛いです。

はい。間違いなく痛いです。

■ヒゲのレーザー脱毛はなぜ痛いのか?

脱毛に伴う痛みは、レーザーが毛根を破壊するときに発する熱によって感じるものが基本となります。

そもそもレーザー脱毛とは、熱によって毛根を破壊する医療技術のため熱が発生すること自体は避けようがありません。

 

その痛みの発生している瞬間が、毛根を破壊している状況だからです。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛など、使用する脱毛機器によってメカニズムは若干異なりますが、基本的には痛みが伴う=毛根が破壊されているという認識で良いでしょう。

 

最新の蓄熱式脱毛は痛みが少ないと言われるのは、毛根ではなくバルジと呼ばれる発毛因子の方を攻撃すると言う仕組みがあるからです。

毛根や発毛因子をレーザーで攻撃するという点においては同じですが、バルジは毛根そのものではなく毛根を育てる元となる部分なので、熱が発生して感じる痛みは従来のレーザー脱毛ほどではありません。

 

つまりレーザー脱毛で生じる痛みとは、毛根破壊するために発生する熱が原因なのです。

特に医療用脱毛で使われるレーザーは、脱毛サロンで使用されるものより威力が高いためより強く痛みを感じてしまいます。

■蓄熱式脱毛は痛みが最小限で脱毛効果も高い

メディオスターNeXT Proなど蓄熱式脱毛と呼ばれる方法がメンズ脱毛に取り入れられたのは、比較的最近の話です。

 

蓄熱式脱毛は、従来のレーザー脱毛と比較したときに患者の細胞に与えるダメージを最小限に脱毛効果を得られるため、痛みそのものはかなり緩和されています。

 

さらに最新の医療技術を取り込んでレーザー脱毛機そのものにも開発されているため、蓄熱式脱毛で生じる痛みをより少なくするための仕組みも踏み込まれているのが特徴です。

ただ蓄熱式脱毛の脱毛効果についてはクリニックによって賛否両論ありレーザー脱毛ほどの効果は期待できないという意見も少なからず存在します。

 

今後の研究によって蓄熱式脱毛の効果や有用性はどんどん明らかになってくると思いますが、先だって大手クリニックは蓄熱式脱毛ができる【メディオスターNeXT Pro】などの最新脱毛機器を導入しているという状況です。

◆蓄熱式脱毛ができる大手クリニック

・ゴリラクリニック

・メンズリゼクリニック

・湘南美容外科クリニック

 

蓄熱式脱毛には従来のレーザー脱毛にあった問題点を解消できる特徴もあり、日焼け肌や色黒の人でも脱毛ができる可能性を生み出しています。

痛みが少ないと言うのはある意味待ち望まれていたことで、これまで痛くてメンズ脱毛を諦めてきた人でも、ひげや全身の脱毛を実現できるかもしれません。

 

メンズ脱毛舎トップに戻る